Blog ブログ

体験講座参加受付中

HOME // ブログ // 朝のスタートを気持ちよく始めるコツを知っていますか?

Blog ブログ

CATEGORY

  こんな時に使えます 呼吸法

朝のスタートを気持ちよく始めるコツを知っていますか?

おはようございます!
今は、朝の6時40分なので、この挨拶で書き始めています。

みなさん、朝のスタートはどのような気分ですか?
毎朝、スッキリと目覚めていますか?
それとも、布団から抜け出すまで、何度もアラームを止めるほうでしょうか?

今日は、そんな朝のスタートがスッキリしないと感じている方へ
朝のスタートを気持ちよく始めるコツをお伝えします。

まず、みなさん、朝は強いほうですか?
早く起きることが、苦にならない、二度寝しないほうでしょうか?

なかなか起きられない方は、まず、布団の中でも構いませんので、グーっと伸びをしましょう!
その時に、できればゆっくりと息を吐きながら行ってみてください。
そして、起き上がってまず一息!
大きく息を吐きだしてみましょう。

さぁ、そこからです。
朝のスタートを始めるスィッチを入れましょう!
布団の上に座った状態、ベッドに腰かけた状態、あるいは立ち上がった状態でもOKです。

まずやることは「姿勢」を整えることです。
座った状態の方は、お尻の上に上半身を乗せる感覚を感じてください。
お尻を揺らしながら座り、骨を感じましょう。感じられたら、その上に背骨を乗せるイメージです。
肩の力を抜いて、前かがみになったり、背をそらしすぎたりしないようにしてくださいね。
手は、手のひらを上に向けて、太もものあたりに軽く置きます。

立っている方は、足を肩幅に開き、手のひらを前に向けて、リラックスした状態を作ってください。

姿勢が整えられたら、始めて行きましょう。
スイッチを入れるために使うのは「数える呼吸」です。

息は吐くところから始めます。
細く長くゆっくりと息を吐いていきます。
この時、おへその下から息を外に押し出す感覚を意識してみてください。

もうこれ以上吐けないと感じる一息手前で止めます。
止める時間は、2秒から3秒、息を溜める感じですね。

そして、体の力を抜いてみましょう。
どうですか?
自然に息が鼻から吸えたのではないでしょうか?

この、「吐いて、止めて、吸う」のサイクルを『1』と数えます。

数える呼吸は、このサイクルを数えていく呼吸法です。

朝、時間がなくてあわただしい方、3分間だけでも数える呼吸を始めてみてください。
慣れてくれば、5分、10分とその取り組む時間を延ばしていくことをおすすめします。

ここで特に意識して欲しいのは、
1.息は必ず吐くところから始め、息は1回1回吐き切ること
2.細く長い息をすること
3.呼吸を数えることに意識を向けること
の3点です。

数える呼吸をやっていると、いろいろな雑念が浮かんできます。
その雑念、浮かんでくることはOKです。
誰でも、これからの予定だとか、気になっていることだとか、浮かんでくるのは当たり前のことです。
大事なことは、その雑念にとらわれないことです。
浮かんで来たら、その雑念は「受け止めて」「受け流す」ことが大事です。
「受け流す」ことの繰り返しが、自制心や集中力の鍛錬につながります。

今日一日のスタートを、心の筋トレから始めることができるようになります。
毎朝続けるコツは、その呼吸の回数を記録しておくことです。
記録することで、自分の変化を視覚化できます。
血圧を測定したり、体重を計測したり、自分の気になっている数値も記録されるのもおすすめですよ。

さぁ、明日からでも始めてみませんか?
朝、起きるのが苦手な方、まずは3日、1週間、3週間とチャレンジしてみましょう。

このご提案をしている私ですか?

実は、還暦を過ぎても、朝は弱いです(^^;)
朝のスタートには、数える呼吸を続けています。
でも、早起きは苦手でした、昨年の秋までは・・・

その私が、今は、朝5時半から6時には、起きるようになりました。
その理由は何かというと

オンライン講座を始めたから!

今、週に4コース、20分の呼吸法講座を開催しています。
毎週月曜日と土曜日なのですが、その時間が、朝の6時と夜の21時!
そうなのです、毎週2回、朝の6時からの講座のおかげで起きられるようになり、
それが習慣になって、ほぼ毎日同じ時間に起きられるようになりました。
(受講してくださる方のおかげです!)

人間は、自分にとってのメリット(効果)を意識すると、苦手なことも克服できますね(笑)

朝、スッキリと起きてスタートしたい方、
『数える呼吸』を始めてみませんか?

気になった方、予約フォームかお問合せフォームから気軽にご連絡くださいね(^^♪

ブログ一覧